Q&A

日本大学松戸歯学部放射線学講座主催のRadiology-Pathologyカンファランスはどんなカンファランスですか?

Radiology-Pathology conference (ラジパソカンファ) とは、本学の放射線学講座(Radiology) と病理学講座 (Pathology) 共同で行う症例検討会であり、月に1回程度開催されます。また、ラジパソカンファには口腔外科学講座や小児歯科学講座など他科も交えて開催しています。放射線科は、他の診療科との連携が非常に重要な部門であり、情報共有や共通理解を図ることが不可欠です。ラジパソカンファでは、1人の患者さんの症例に対してパノラマエックス線検査、CT検査、MRI検査等から得られた画像所見や口腔内所見、臨床症状などを元に複数の歯科医師が意見を出し合い、問題点や疑問点を検討します。

私たちは、日々診断を元に患者さんの診療にあたっていますが、現在の医療では画像診断抜きにして診療は成り立ちません。時には臨床上稀な疾患や、教科書通りではないケースに遭遇することもあり、診断に迷う場面もあります。ラジパソカンファはその様な臨床上における疑問点や問題点等に様々な診療科の先生方とディスカッションを行い、診療科同士の連携だけでなく、診断能力の向上に欠かせない場となっております。

近年のラジパソカンファは、新型コロナウイルス感染予防の観点からリモートでの開催をしておりますが、感染予防を徹底しつつ白熱した討論を行っております。

本学教職員や学生さんも参加可能です。ご興味がございましたら以下の連絡先にお問い合わせ下さい。皆様のご参加をお待ちしております。

放射線学講座 小松知広、大塚航平

メールアドレス:mato18007@g.nihon-u.ac.jp

top